残業代 請求所

単純に働いている時間だけじゃない。法定労働時間の定義とは

私自身、残業代の請求について勉強するまで労働時間の定義をキチンと把握できておりませんでした。

 

あなたは、定義をご存知ですか?実は、一般的な感覚と法律で定められている労働時間は定義が異なります。

 

法定労働時間とは

(労働基準法第32条)より
1週間について40時間を越えて、また1週間の各日については1日8時間を越えて労働させてはならないと規定されています。

 

 

 

拘束時間

あなたが、職場の敷地・現地に入りそこから、出るまでの時間がすべて拘束時間となります。

 

 

 

労働時間

ここがちょっと注意です!!私たちの基本的な感覚では、何か作業しており仕事しているという感覚があるときが労働時間だと思いませんか?実は、正確には「使用者の指揮監督下にある時間」を労働時間といいます。だから、作業や仕事しているときだけでなく、手待ち時間や準備・整理時間もこの労働時間には含まれます。つまり、この部分にも給料が払われていなければならないようです。

 

 

 

手待ち時間

業務が発生したら直ちに対応できるように待機している時間も実働時間には含まれてきます。たとえば、休憩しているように見せかけた電話対応とか、タクシーの運転手さんの待ち時間などがそれにあたります。あなたの職がもし人数が少ない職場で、全員が出先に出払っており、あなたが職場で休憩を取りながらもし電話が着たら応対したり、予期せぬ来客があったらそれに対応しなければならないかもしれません。その場合は、手待ち時間として実働時間に入れ込むことが出来るかもしれません。


ホーム RSS購読 サイトマップ