残業代 請求所

アルバイトにもある始礼や終礼は労働時間内?

アルバイトにも当然ながら残業代は発生します。時間外割増は25%ということで、時給に単純計算で25%を割増した形で組み込まれていきます。上場企業はそのあたりを徹底的に遵守しているように思います。私自身、昔アルバイトしていたコールセンターや工場現場や引越し現だと1分単位でキッチリと時間管理をしていました。上場企業は一番、風評被害を嫌います。労働者も一人の消費者でありますので、草の根から人気が下がるのを嫌がるのは当然です。また、大人数で雇用しているため、労働者同士が労働組合に加入もしくは労働組合の結成をしやすいのです。そのため、もし仮に残業代の請求が発生した場合おおきな損害を及ぼす可能性があるのです。逆を言えば、大人数で雇用されている職場で残業代が支払われていないのであれば労働者同士で労働組合を結成して戦うのもいいかもしれません。

 

一方でサービス業/接客業で少人数制のところになると、そのあたりがおざなりになっているケースが良くあるように思われます。どうしても、サービス業などはお客様の都合に合わせなければ仕事になりませんので、定時で終わらせるのが難しい場合が多々あります。しかし、定時を過ぎていれば残業代が発生するのは当たり前です。それらを確認するためにタイムカードや日報等で日々の業務時間と残業時間の時間数を確認してみましょう。給料明細と照らし合わせるとひょっとしたら大きな残業代が発生しているかもしれません。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ